ハウツー

基本情報技術者試験の午後問。エクセル表計算の日本語関数の正体とは?

基本情報技術者試験の午後問。エクセル表計算の日本語関数の正体とは?
ハテナねこ
ハテナねこ
「基本情報技術者試験の午後問題が難解すぎる。。」

「午後問のエクセル表計算の関数が漢字で分かりにくい。。」

「表計算問題の漢字関数を、エクセル関数に置き換えた分かりやすい説明を探している。」

この記事はそんな方へ向けて書いています。

 

ネット上ではそんなに難易度が高くないと言われる事のある、IT系の国家資格

基本情報技術者試験

ちょっと興味あるなと思い、資格取得に向けて勉強をはじめてみました。

勉強をはじめてみて、ガチガチのIT業界の経験のない僕のさわりの感想は

「誰だよ簡単って言ったやつ。。めっっちゃムズイやん、簡単なんてウソやん。。(泣)」

と途方にくれています。

これまでWebデザインに携わって働いてはいましたが、エンジニアというよりデザイナー寄りだった僕は、実際の業務で二進数、ハッシュ関数、浮動小数なんて使ってこなかったもの。。

 

基本情報技術者試験はシンプルな選択問題の午前問題と、長文を読み解いてとく手強い午後問題があります。

そんな午後の選択問題「表計算」

エクセルなどの表計算ソフトのSUMなどの関数が、表記が漢字に置き換えられ、その処理の内容を問われる問題が出題されます。

僕はそもそもエクセルの関数をそれほど知っている訳でもない上に、

SUM → 合計
COUNTIF → 条件付個数

といったように関数が漢字で表記され、
午後の選択問題の中で比較的難易度が低いと言われている表計算でさえ、チンプンカンプン
といった状態に陥りました。

そこで、基本情報技術者試験を受験するにあたり自分の勉強も兼ねて、

表計算の漢字関数を分かりやすく、シンプルに、直感的に理解できる様にまとめてみました

これから受験を控えている方、僕と同じ様なところで苦しんでいる方は是非参考にご覧ください。

今回解説する表計算の漢字関数一覧

合計合計(セル範囲)
エクセルでいう「SUM」関数にあたります。
カッコ内のセルの合計を算出して表示します。
IF IF(論理式, 式1, 式2)
エクセルと同じで、「IF」関数です。
カッコ内の論理式を判定して、真(true)なら式1、偽(false)なら式2の値を返して表示します。
条件付個数条件付個数(セル範囲, 検索条件の記述)
エクセルでいう「COUNTIF」関数にあたります。
セルの範囲の中から、検索条件で指定された条件を満たすセルの個数をカウントして表示します。
整数部整数部(算術式)
エクセルでいう「INT」関数にあたります。
カッコ内の算術式で計算された値が小数の場合、その値以下の一番近い整数の値を返して表示します。
論理和論理和(論理式1, 論理式2, ・・・)
エクセルでいう「OR」関数にあたります。
カッコ内の論理式1、論理式2、・・・の中から1つでも該当する値があれば真(true)を返します。なければ偽(false)を返します。

普段エクセルで関数をバリバリ使ったり、プログラミングをバリバリ書いていた訳でもない僕は、正直これだけでも

「あ、ダメだ、寝よう。」

と何度もなりました。

でも大丈夫です。

これから図解入りでもう少し分かりやすく内容を解説していくので、布団くるまる前に確認してみてください。

 

合計関数(SUM関数)

合計関数(SUM関数)について
関数

合計(セルの範囲)

戻り値

合計の数値

説明

「合計」はエクセルのSUM関数にあたる関数です。カッコ内で選択した範囲のセルの数値を合計して表示します。

合計(B2:C4)

→ B2からC4の範囲のセルに含まれる数値を合計し、その結果を返します。

 

IF関数

if関数について
関数

IF(論理式, 式1, 式2)

戻り値

式1、もしくは式2の値

説明

論理式がtrue(真/あてはまる式)のときは「式1」の値を、false(偽/あてはまらない式)のときは「式2」の値を返します。

IF(B1 >= C4, “合格”, “不合格”)

→ 「B1 >= C4」の条件を満たす場合は、式1の「合格」という文字列を返し、満たさない場合は式2の「不合格」を返します。

 

条件付個数関数(COUNTIF関数)

条件付個数関数(COUNTIF関数)について
関数

条件付個数(セル範囲, 検索条件の記述)

戻り値

カウントした個数の数値

説明

カッコ内で指定したセルの範囲の値で、検索条件を満たす値の個数を返します。

COUNTIF(B2:C4, “>3”)

→ B2からC4のセルの値で、3より大きい値の個数をカウントして返します。

 

整数部関数(INT関数)

整数部、int関数について
関数

整数部(算術式)

戻り値

整数の値

説明

算術式の値以下の、最大の整数を返します。

四捨五入ではないので注意。

また、マイナスの値についても「算術式の値以下の、最大の整数」を返すのが注意ポイントです。

INT(3.6)

→ カッコ内の「3.6」を少数点以下が切り捨てられ「3」を返します。

INT(-4.7)

→ カッコ内の「-4.7」以下の最大の整数「-5」を返します。

 

論理和関数(OR関数)

論理和、or関数について
関数

論理和(論理式1, 論理式2, …)

戻り値

true(真)またはfalse(偽)

説明

「論理式1、論理式2、・・・」の値のうち、一つでも論理式に合致する値があれば、「true」を返します。それ以外の場合は「false」を返します。

OR(B2 = 10, C2 > 70)

→ B2の値が10、またはC2の値が70以上なら「true」を返します。それ以外なら「false」を返します。

IF(OR(B2 = 10, C2 > 70), “○”, “×”)

→ 論理和関数は、IF関数と組み合わせて使われる場合が多いです。上記の場合はB2の値が10、またはC2の値が70以上なら「○」を返します。それ以外なら「×」を返します。

 

まとめ

基本情報技術者試験の午後問。エクセル表計算の日本語関数の正体とは?まとめ
表計算の漢字関数一覧その1

合計合計(セル範囲)
「SUM」関数にあたる。カッコ内のセルの合計を算出。
IF IF(論理式, 式1, 式2)
論理式を判定して、trueなら式1、falseなら式2の値を返す。
条件付個数条件付個数(セル範囲, 検索条件の記述)
「COUNTIF」関数にあたる。セルの範囲から検索条件で指定した条件を満たす値をカウントして返す。
整数部整数部(算術式)
「INT」関数にあたる。小数の値に対してその値以下の一番近い整数の値を返す。
論理和論理和(論理式1, 論理式2, ・・・)
「OR」関数にあたる。論理式の中から該当する値があればtrue。なければfalseを返す。

基本情報技術者試験の午後の選択問題。

表計算の問題で理解しておく必要のある漢字関数の解説でした。

今回はその中から5つ、合計(SUM)、IF、件付個数(COUNTIF)、整数部(INT)、論理和(OR)につていまとめてみました。

僕も現在勉強の真っ只中ですが、この記事が少しでも同じ様な部分で苦戦中の方のご参考になれば幸いです。

 

たった2週間で国家試験合格。ITパスポートのオススメ勉強方法。【新シラバス iパス4.0を合格】
【体験談】2週間で国家試験合格。ITパスポートのオススメ勉強方法。【新シラバス iパス4.0を合格】国家試験であるITパスポート。新シラバスiパス4.0の試験を約2週間の勉強で合格する事ができました。短期間で合格する為のおすすめの勉強方法とは?試験の形態を知る、テキストを読む、過去問を解く。この3ステップでOKです。これから新たにITパスポートの取得を考えている方は是非参考に記事をご覧ください。...
知的財産管理技能検定3級を独学で一発合格する方法【2019年7月試験体験談】
【体験談】知的財産管理技能検定3級を独学で1発合格する方法【2019年7月】知的財産管理技能検定ってどんな感じ?2019年7月3級試験を受験し無事に一発合格できました!そこから感じた難易度やポイントやコツ、試験の概要など、体験談をまとめて記事にしています。これから資格取得をしている方や試験を控えている方など、是非参考にご覧ください。...
【体験談】1ヶ月でカラーコーディネーター2級・3級を合格した話【2019年6月試験】
【体験談】1ヶ月でカラーコーディネーター2級・3級を合格した話【2019年6月試験】カラーコーディネーター検定試験ってどんな感じ?2019年6月に2級・3級の併願試験を独学で受けてみました。そこから感じたポイントやコツ、勉強時間や難易度を体験談としてブログ記事にしています。これから資格取得を検討している方や試験を控えている方など、是非参考にしてみてください。...
【無料】プログラミングなんて自分にできるの?一番簡単に最短でスキルを身に着ける方法。
こがねさん
こがねさん

「Webデザインやプログラミングに興味はあるんだけど、本を読んでてもちんぷんかんぷんでできる気がしないゾ…。」

AIソルトくん
AIソルトくん
最初はプログラミングスクールの力を借りるのも1つの選択肢だよ。

無料体験コース開催中!オンラインプログラミングスクール「TechAcademy」

僕もそうでしたが、Webデザインやプログラミングは、最初の基礎を身につけるまでが本当に一番大変です

ただ、キチンとした基礎を身につける事ができれば、あとは独学でも様々な言語に手を広げていく事ができます

今の時代、YoutubeやWebに無料の有益な情報もたくさんあるので、しっかりとした目標を見定めて勉強すれば独学も不可能ではないです。
ただ、ネットは有益な情報もあれば微妙な情報も混在しているので、どうしても回り道になったり独特なやり方が身についてしまったり、といったデメリットもあります。

僕も最初は独学でプログラミングスキルを身につけようとして何度も挫折してきました。

もし独学で苦戦しているなら、最初はスクールの力を借りるのも1つの選択肢です。

「最短でプログラミングスキルを身に付けたい。」
「間違いのない、しっかりとしたプログラミングの基礎を勉強したい。」
「一緒に切磋琢磨できるプログラミング仲間が欲しい。」
「スキルを活かした場所や時間にとらわれない新しい時代の生き方をしたい。」

そういった方は、実績のあるオンラインスクールを一度無料体験してみることをオススメします。

プログラミングのオンラインスクールも探せば色々選択肢があります。

その中でも圧倒的な知名度を誇るTechAcademyは、日本e-Learning大賞プログラミング教育特別部門賞の受賞実績があり、今なら無料体験コースがあります。

無料コースを試してみてやめるもよしですし、手応えを感じれば、まずはその勢いで基礎を固める事を目指してみるのもアリです。
まずは1つの言語の基礎をしっかり身に着ける事ができれば、様々なプログラミング言語の習得の難易度も一気に下がります。

スキルは奪われないし裏切りません。
その中でもプログラミングスキルは将来に希望もあり、単純にできる様になるととっても楽しい上に、人生の助けにもなります。

登録は5分もあれば十分できます。独学で行きづまったり、モチベーションが保てず挫折した経験のある方は、とりあえずTechAcademyの無料で学習できるチャンスを活用してみることをオススメします。

無料体験コース開催中!オンラインプログラミングスクール「TechAcademy」

 

関連記事