ハウツー

めっちゃ使いにくい。。WordPress5.0の編集エディターを以前のバージョンに戻す方法

ワードプレス5.0のエディタを元のエディタに戻す方法

ワードプレスの新しいバージョン5.0が12月6日に配信開始されました。

安易にアップデートしてしまうのは要注意!

ボクも何も知らずにアップデートしてしまい、

編集エディタの仕様が大き変わってしまい、四苦八苦しています。。

 

しかもこのブログは有料テーマ「JIN」を使用しているのですが、

便利に使えていたスタイル、ショートコードなどが使えない事態に。

強調するためのこんなマーカーや、

ワンクリックで挿入できるこんなボックス

が使えなくなってしまいました。

 

しかもバックアップもとらずにアップデートしてしまい、

どうしようもない状況に。

 

なんとか過去のエディタに戻す方法はないのか!

と調べた結果、ほとんど過去のエディタに戻せるプラグインを発見したので記載しておきます。

 

プラグイン「Classic editor」をインストールしよう!

ワードプレスのプラグイン検索窓で

「classic editor」

で検索してみて下さい。

 

ワードプレスのエディタを元にもどすclassi editor

出てきたClassic Editorをインストールして有効化すると、

過去のWordPress5.0以前のエディタの仕様で

編集する事ができる様になります。

 

Classic Editorをインストールしてみて

インストールしてみた結果、編集エディタは元に戻す事ができました。

しかし、表示される項目などを見てみると、

表示されていた設定項目がなくなってしまっていたり、

表示されていなかった設定項目が出てきていたりと、

完全に以前ままとはいかない様です。

ただ、本文の編集には問題ない程度にまで戻す事ができました。

 

WordPress5.0にアップデートした為に

編集に困っている方は是非試してみてください。

 

プログラミングなんて自分にできるの?そんな方はスクールの無料体験がオススメ。
こがねさん
こがねさん

「Webデザインやプログラミングに興味はあるんだけど、本を読んでてもちんぷんかんぷんでできる気がしないゾ…。」

AIソルトくん
AIソルトくん
最初はプログラミングスクールの力を借りるのも1つの選択肢だよ。

僕もそうでしたが、Webデザインやプログラミングは、最初の基礎を身につけるまでが本当に一番大変です

ただ、キチンとした基礎を身につける事がれば、あとは独学でも様々な言語に手を広げていく事ができます

もし独学で苦戦しているなら、最初はスクールの力を借りるのも1つの選択肢です。

「短期間でプログラミングスキルを身に付けたい。」
「しっかりとしたプログラミングの基礎を勉強したい。」
「一緒に切磋琢磨できるプログラミング仲間が欲しい。」
「スキルを活かした場所や時間にとらわれない新しい時代の生き方をしたい。」

そんな方は最初に短期間スクールで学んでみる事もオススメです。

もちろん今の時代、YoutubeやWebに無料の有益な情報もたくさんあるので、しっかりとした目標を見定めて勉強すれば独学も不可能ではないです。
ただ、ネットは有益な情報もあれば微妙な情報も混在しています。

「余計な回り道を省いて、手っ取り早くしっかりとしたスキルを身に着けたい。」

そういった方は、実績のあるオンラインスクールを一度体験してみるという方法もあります。

プログラミングのオンラインスクールも探せば色々選択肢があります。

その中でもTechAcademyは、日本e-Learning大賞プログラミング教育特別部門賞の受賞実績があり、今なら無料体験コースも用意されています。

独学で行きづまったり、モチベーションが保てず挫折した経験のある方は、とりあえずTechAcademyの無料コースを体験してみると、プログラミング学習の行きづまりを解消すると共に、楽しさや将来への道が大きく開ける可能性があります。

無料コースを試してみてやめるもよし、手応えを感じれば、まずはその勢いで基礎を固める事を目指してみてください。
そうする事で様々なプログラミング言語の習得の難易度も一気に下がります。

奪われないし裏切らないスキルは、きっとあなたの人生の助けになります。

関連記事